腰痛とは?腰が痛くなる病気とは?

腰痛とは、腰に痛みを感じる状態を指します。腰痛と言っても、人により痛みの感じ方や症状は様々あり、骨格に問題があることや内臓に問題がある場合が挙げられます。

また、腰が痛くなる病気を抱えていると、辛い痛みによって日常生活に大きく支障が出ます。腰痛で悩んでいる方は非常に多く見られていますが、放置をせずに自分の腰痛を把握しておく必要があります。

そこで、腰痛とはどのようなもので、腰が痛くなる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。
【上田式】腰痛革命プログラム ~慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応~

腰痛とは?

腰痛とは、何らかの原因により腰に痛みを感じる状態です。腰に痛みが表れる様々な病気を総称して腰痛と呼んでいます。

厚生労働省が平成25年に発表している国民生活基礎調査によると、腰痛は男性では1番目に多く、女性では肩こりの次に多い症状と分かっています。

また、腰痛を抱える人の数は増加の傾向にあります。腰痛の苦しみを抱え、腰痛の症状に悩まされている方は多く、一生のうちに腰痛を体験する人は国民全体の8割近いと言われています。腰痛はそれほどポピュラーな病気だと言えますが、辛い痛みが生活に支障をきたすことが多く、できるだけ治療や処置を取り入れ、腰痛を抑えていくことが必要とされています。

しかし、腰痛が引き起こされる原因は1つではなく、骨格に負担がかかっていることや内臓に問題があること、その他にもストレスなど、非常に多くのものが挙げられていますが、中には原因が分かっていないものもあります。

そのため、治療や処置で100%抑えることができるわけではありません。腰痛は日常の身近に感じられるものですが、非常に厄介な病気なのです。

腰痛に悩まされている方は、腰の痛みを少しでも緩和することや抑えるためにも、ご自身の腰痛がどのようなものであるかを把握することから始めましょう。

腰が痛くなる病気とは?

腰が痛くなる病気とは、腰痛の症状が引き起こしているものです。腰が痛くなったと感じた時には考えられる病気は非常に多くのものが挙げられます。

腰痛症(ようつうしょう)

腰痛症には、急性腰痛と慢性腰痛があり、腰の痛みが急激に表れる「ぎっくり腰」や煩わしい痛みが長期的にわたって続く、慢性的な腰の痛みがあります。

座骨神経痛(ざこつしんけいつう)

座骨神経痛は、腰から足にかけて伸びている坐骨神経という神経が、圧迫や刺激を受けることで、腰に痛みや痺れなどの症状をもたらします。さらに、麻痺によって歩行障害を起こすこともあります。

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア)

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛と足の痛み、しびれを伴う症状が引き起こされる疾患です。

腰椎分離症(ようついぶんりしょう)・分離すべり症(ぶんりすべりしょう)

腰椎分離症・分離すべり症は、10歳~15歳の子供の頃から腰痛が生じ、高齢者までの広範囲で腰痛、臀部や足の痛み、しびれの症状が表れます。

変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)

変形性腰椎症は、骨と椎間板の老化によって引き起こされる腰痛で、腰が重い、だるいなどの鈍い痛みが表れるのが特徴的です。

腰痛と腰が痛くなる病気のまとめ

腰痛と腰が痛くなる病気は、ご自身の腰痛の正体がしっかりと分かっていなければ、痛みを取り除くために適切な治療ができません。ひとくちに腰が痛くなる病気と言っても、上記でお伝えしたように数多くの種類の病気や症状があるのです。

しかし、腰痛と腰が痛くなる病気は非常に幅広く、1つの改善の手段だけでは効果が得られない場合があります。

そのため、腰痛や腰が痛くなる病気を改善するには、幅広い腰の痛みに対応できる治療法を取り入れることが最善策だと言えます。

辛い腰痛をいち早く抑えるには、まずは腰痛が引き起こされている病気の特徴からご自身の腰痛を見極めることが肝心です。
【上田式】腰痛革命プログラム ~慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応~

このページの先頭へ