強迫性障害は再発する?再発率は?強迫性障害の再発を防ぐには?

強迫性障害は、日本国内でもおおよそ100万人以上の方が苦しんでいる症状です。日本の人口から計算すると、学校や職場にも1人、2人は強迫性障害の方がいるということになります。

現在では強迫性障害は決して治らない症状というわけではありませんし、適切に治療を行えば症状は改善されます。

ただ、精神疾患の怖いところは、症状を何度もぶり返してしまうことですよね。では、強迫性障害は再発する可能性はあるのでしょうか。

そこで、強迫性障害の再発率について、また強迫性障害の再発を防ぐにはどうしたら良いのかについてまとめました。

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

強迫性障害は再発する?再発率は?

強迫性障害は再発する場合もあります。強迫性障害は、きちんと治療を行えば症状の改善が見込める病気ですし、強迫性障害を克服して普通に暮らせているという方も大勢います。

ただ、一方で一度は強迫性障害の症状が治ったけれど、しばらくしてからまた再発したという方がかなり多いのも事実です。

特に、薬物治療を中心に強迫性障害の治療を行った場合は、再発率が高いと言われています。実際に、厚生労働省から発表されているデータでは、強迫性障害の再発率は70%以上にも上ります。

つまり、強迫性障害を克服した方のうち、少なくとも10人中7人が再び強迫性障害の症状に悩まされているということです。

しかも、強迫性障害は、一度症状が改善した後に再発すると、以前よりもさらに症状が重くなるケースもあります。

そのため、強迫性障害を治療する際には、ただ単純に症状を治すのではなく、いかに再発しないようにするかということも非常に重要になります。

強迫性障害の再発を防ぐには?

強迫性障害の再発を防ぐには、治療の仕方が重要だと言われています。強迫性障害の治療方法は、大きく分けると薬物療法と認知行動療法に分けられます。

薬物療法ではSSRIという薬を使用して、セロトニンの分泌量を調整していきます。対して、認知行動療法は患者さんの行動や認識を分析した上で修正していき、内面に働きかける治療方法となります。

強迫性障害の治療とは?強迫性障害を治療方法は?

認知行動療法は薬物療法とは異なり、患者さんの認識そのものを改善していく治療法となりますので、薬物療法を中心とした治療よりも再発しにくいとされています。

また、強迫性障害の再発を防ぐ方法としては、下記のような方法も有効です。

不安を残さずしっかりと治す

強迫性障害は、治療をすれば一気に改善するというものではなく、徐々に症状が改善していくものとなります。そのため、強迫性障害の患者さんの中には、治療を開始した当初よりも症状が良くなったからといって治療を止めてしまう方も多いのです。

ただ、自分では大丈夫だと思っていても、中途半端で治療を止めてしまうと、どうしても再発するリスクが高まります。そのため、少しでも不安があるうちは、治療を継続することが重要です。

治療終了後も定期的にカウンセリングに通う

通常は治療が終了すれば、もう病院に通う必要はないですよね。ただ、強迫性障害だけに限らず、いわゆる精神的な疾患は非常にデリケートな問題です。

そのため、治療が終了した後も、定期的にカウンセリングに通うことで、ストレスや不安を軽減し、再発防止に努めることが大切になります。

病院に通わずに強迫性障害を改善したいなら

強迫性障害は非常に辛い症状ですので、一度克服したら二度と再発したくはないですよね。再発を防ぐには、上記で記載した通り、認知行動療法を中心とした治療を行う、中途半端で治療を止めない、カウンセリングに通うといった方法が有効です。

ただ、そもそも強迫性障害で苦しんでいる方の中には、病院に通うこと自体に抵抗がある方も多いでしょう。

そこで、家でも出来る強迫性障害の改善方法としておすすめなのが【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラムです。

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラムは、自宅で出来る非常にシンプルな強迫性障害の改善プログラムです。

もちろん、本田式・強迫性障害改善プログラムは、薬物療法などは一切なく、患者さん本人の意識を変えるプログラムとなりますので、再発するリスクがかなり低いというのが特徴です。

改善までに掛かる期間は個人差がありますが、非常に短期間で強迫性障害を改善出来たという嬉しい声も多数上がっていますので、出来るだけ早く改善したいという方にもおすすめです。

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

このページの先頭へ