子宮筋腫は再発する?期間や再発率は?再発を防止する方法は?

子宮筋腫の治療や手術を経験した方の中には、再発が心配という方も多いのではないでしょうか。

30歳以上の女性の2割~3割が持っているとされている子宮筋腫は女性にとって非常に身近な病気となりますので、再発率や期間などについても理解しておくことが重要です。

また、子宮筋腫の治療法には手術や薬による治療などいくつかありますが、子宮筋腫の再発を防ぐ方法はあるのでしょうか。

そこで、子宮筋腫は再発するのか、また再発する期間や再発率、再発を防止する方法についてまとめました。

改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座

子宮筋腫は再発する?再発する期間は?

子宮筋腫が再発するかどうかは、個人差がありますので一概には言えません。一度治療してしまえば、再度子宮筋腫を発症することはないという方もいますし、残念ながら再発してしまう方もいます。

ただ、仮に子宮筋腫が再発しても、筋腫の状態によっては治療が必要ないという場合もありますので、再発すれば必ずまた治療が必要になるというわけではありません。

また、子宮筋腫が再発する期間も、人それぞれ異なります。治療や手術から数ヶ月で再発する場合もありますし、5年後、10年後に再発する場合もあります。

どれだけ期間が経っていても、子宮筋腫の症状が見られる場合は、再発した可能性が高くなりますので、何年経てば大丈夫というものではないのです。

子宮筋腫とは?子宮筋腫の症状とは?症状をチェックするには

子宮筋腫の再発率は?

子宮筋腫の再発率は、子宮筋腫の数や年齢によって異なります。

子宮筋腫の数が1つだけの場合、約半分の方はその後も子宮筋腫を発症することはありませんので、再発率はおおよそ50%程度になります。

ただ、子宮筋腫が2つ以上あった場合は、実に80%以上の方がまた子宮筋腫を再発していることから、再発率は非常に高いと言えます。

また、年齢が若ければ若いほど子宮筋腫を再発するリスクも高くなる傾向があります。

子宮筋腫の個数による再発率の違い

子宮筋腫が1個のみ 再発率50%程度
子宮筋腫が2個以上 再発率80%以上

子宮筋腫の再発を防止する方法は?

子宮筋腫の再発を防止する一番確実な方法は、子宮を全て摘出することです。

子宮筋腫は文字通り子宮にできる筋腫となりますので、子宮ごと筋腫を摘出してしまえば再発する可能性はなくなります。

ただ、子宮を全て摘出してしまえば、当然妊娠をすることは出来ません。そのため、妊娠を希望する方、また子宮の全摘出に抵抗がある方は、薬物治療を行ったり、筋腫の核のみを取り除いて子宮は残す手術を選択する方がほとんどです。

しかし、子宮を残す以上は、また子宮筋腫を発症する可能性がありますので、子宮筋腫の再発を100%防止することは出来ないのです。

子宮筋腫の手術とは?子宮筋腫の手術にかかる費用とは?

子宮を摘出せずに再発を防ぐことはできる?

子宮筋腫の再発は防ぎたいけれど、子宮を全て摘出するのは女性として非常に抵抗がありますよね。

そこで、子宮を摘出せずに再発を防止したいという方におすすめなのが、子宮筋腫改善講座です。

子宮筋腫改善講座は、薬による治療や手術なしで子宮筋腫を改善するための方法となりますので、もちろん子宮を摘出する必要はありません。

子宮筋腫改善講座は、一時的な治療ではなく、ホルモンバランスを整えることで根本的な体質改善を行いますので、再発を防止したいという方には非常におすすめです。

改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座

このページの先頭へ