強迫性障害は仕事に影響する?強迫性障害でも仕事は出来るの?

強迫性障害は生活のあらゆる面に影響を与えますよね。症状が重症化すると、日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

特に外で仕事をしている方の場合は、強迫性障害によって仕事を続けることが難しい、あるいは仕事で悩んでいるという方も多いかもしれません。

そこで、強迫性障害は仕事にどのように影響するのか、また強迫性障害を抱えていても仕事をすることは出来るのかについてまとめました。

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

強迫性障害は仕事に影響する?

強迫性障害は少なからず仕事にも影響を与えます。強迫性障害の症状は非常に様々ありますので、仕事にどういった影響を与えるかという点についても個人差があります。

例えば、完璧主義から強迫性障害を発症してしまう方は、仕事を完璧に仕上げようとするあまりに、過剰に確認作業を行ったり、何度も修正を行うことで、結果的に仕事が遅くなるというケースがあります。

また、完璧主義の方は、ミスをしてしまった場合も自分を強く責めて落ち込み、多大なストレスからさらに強迫性障害が悪化してしまうことも少なくありません。

他にも、潔癖症から強迫性障害になる方も多いのですが、潔癖症の方は仕事で使うデスクや電話機などの汚れが気になり、仕事が手に付かなくなる場合があります。

また、会社のドアなど他人が触れている箇所に触ることに抵抗を感じ、触るたびに消毒をしたり手を洗ったりしなければ気が済まなくなり、結果的に作業が遅れることもあるでしょう。

そして、上記のような強迫性障害からくる症状が多く見られると、周囲からも特殊な存在に見られてしまい、大きなストレスを抱えることになります。

強迫性障害でも仕事は出来るの?

強迫性障害でも仕事をすることは出来ます。実際に強迫性障害を抱えている多くの方は、通常通り仕事をして生活をしています。

中には、仕事をしていることで、人目があるうちはある程度強迫性障害の症状を抑えられるという方もいます。

ただ、強迫性障害にも関わらず、何のケアもしないまま仕事を続けていると、症状がどんどん悪化し、結果的に仕事をすることが難しくなり、辞めてしまうというケースが多いのも事実です。

そのため、強迫性障害でも症状が軽い場合は、仕事をすることは可能ではありますが、放置しておくのは非常に危険なのです。

強迫性障害の方の場合は、仕事をすることで通常よりも大きなストレスを抱えることになります。

ストレスは強迫性障害を悪化させる大きな要因となりますので、仕事を続けるためにも早めに対処することが重要になるのです。

仕事を続けるためにも強迫性障害の克服を目指そう!

強迫性障害は、生活の全てに影響を与えますので、もちろん仕事をするにあたっても少なからず影響があります。

上記で記載した通り、強迫性障害を抱えていても、よほど重症化していなければ仕事を続けることは出来るでしょう。

ただ、心身共に健康な状態で仕事を続けるためには、やはり強迫性障害を克服するということが大切になります。

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラムは、強迫性障害の改善を目指すために開発されたものです。

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラムは、強迫性障害の重症化で悩んでいた方が実際にたった38日で強迫性障害を改善出来たというプログラムです。

これまでにも、数百人の方が効果を実感している人気のプログラムとなりますので、強迫性障害の症状が仕事に影響して悩んでいるという方はぜひ一度試してみて下さい。

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

このページの先頭へ