糖尿病の合併症の時期とは?糖尿病の合併症が現れる時期はいつ?

糖尿病は合併症が非常に怖い病気です。糖尿病自体の症状ももちろんありますが、実は血糖値が高いことで発症する糖尿病の合併症が一番怖いのです。

もちろん、糖尿病になったからといって必ず合併症を発症するというわけではありませんが、やはり糖尿病ではない方に比べると発症率は非常に高くなります。

糖尿病の合併症としては、神経障害、網膜症、腎症が代表的ですが、全て同じ時期に症状が現れるというわけではありません。

そこで、糖尿病は合併症が現れる時期についてまとめました。

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD

糖尿病の合併症の時期とは?

糖尿病の合併症の時期としては、軽い体調不良などであれば糖尿病が発症した初期の段階から起こります。

また、糖尿病の三大合併症と呼ばれる糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、糖尿病腎症は、糖尿病末期の合併症となりますが、人によっては比較的早い段階で現れる場合もありますので、糖尿病の合併症の時期にはかなり個人差があると言えます。

ただ、合併症ごとに発症しやすいおおよそ時期はありますので、それぞれ見ていきましょう。

糖尿病発症後5年以内

糖尿病発症後5年以内に起こりやすい合併症は、糖尿病神経障害です。糖尿病神経障害は、糖尿病の三大合併症の中でも最も早く症状が現れやすい合併症です。

糖尿病神経障害では、手足のしびれや立ちくらみ、めまいやふらつき、感覚が鈍くなって傷などに気が付かない、傷が治りにくいといった症状が起こります。

糖尿病発症後5年~10年以内

糖尿病発症後5年~10年以内に起こりやすい合併症は、糖尿病網膜症です。糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症の中で最も発症する確率が高い症状だと言われています。

糖尿病網膜症は、白内障や緑内障を引き起こし、最悪の場合は失明してしまう危険性があります。

糖尿病発症後10年以降

糖尿病発症後10年以降に起こりやすい合併症は、糖尿病腎症です。糖尿病腎症は糖尿病の三大合併症の中で一番最後に現れる症状です。

糖尿病腎症を発症し、腎不全になってしまうと、血液をろ過するための人工透析を一生続けなくてはならなくなります。

糖尿病の合併症が現れる時期はいつ?

糖尿病の合併症が現れる時期は、上で記載した通り、それぞれの合併症ごとに異なります。最も早い段階で現れる合併症は糖尿病神経障害で、糖尿病発症後5年以内です。

次が糖尿病網膜症で糖尿病発症後5年~10年以内、そして最後が糖尿病腎症で糖尿病発症後10年以降に症状が現れる場合が多いとされています。

ただ、糖尿病の合併症が現れる時期には、個人差がありますので、必ずしも上記で記載した通りの時期に症状が現れるとは限りません。

糖尿病の進行具合によっては、もっと早い段階で合併症が現れる可能性もありますし、逆にかなり時間が経過してから発症する場合もあります。

糖尿病の合併症は初期段階でのケアが重要

糖尿病の合併症は、合併症ごとにそれぞれ発症しやすい時期がありますが、初期の段階で適切に処置出来れば、合併症の発症を未然に防ぐことが出来ます。

もちろん病院での定期的な検査は重要ですが、自宅で出来る糖尿病の改善方法としておすすめなのが藤城式食事法です。

藤城式食事法は、正しい食事の方法で血糖値を下げるという食事療法です。実際に藤城式食事法を実践して血糖値が下がったという方は非常に多くいます。

糖尿病は治らない病気と考えている方もいるかもしれませんが、正しい食事方法を取り入れれば血糖値を上手くコントロールしていくことは可能なのです。

そのため、もし糖尿病だと診断されてしまったら、重大な合併症の発症を防ぐためにも、まずは藤城式食事法のように効果的な改善方法を実践してみることをおすすめします。

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD

このページの先頭へ