突然吃音症を発症する原因は?大人が急にどもる理由は?

なんだか最近会話の際にどもりやすくなった、急に吃音が気になるようになったと感じたことはないでしょうか。

吃音症やどもりということ、子供の時に発症するものというイメージがあるかもしれませんが、大人になってから突然どもりやすくなる場合もあるのです。

そこで、突然吃音症を発症する原因としてはどのようなものがあるのか、また大人が急にどもる理由は何なのかについてまとめました。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

突然吃音症を発症する原因は?

突然吃音症を発症する原因としては、いくつか考えられます。まず、吃音症を発症する時期としては幼少期が一番多いとされています。

幼少期に突然発症した吃音症は、元々の体質や環境が原因となっています。ただ、幼少期に発症した吃音症は、特に何もしなくても3年程度の間におおよそ7割以上の子供が自然回復します。

吃音の原因とは?幼児・子供どもりの原因・大人吃音の原因とは

そのため、子供が急にどもるようになっても、ほとんどの場合は過剰に心配する必要はないと言えるでしょう。

しかし、子供が吃音症になったことに焦って、叱ったり、執拗に言い直させたりすると、子供がストレスを感じてますますどもりが悪化してしまう場合もありますので、注意しましょう。

大人が急にどもる理由は?

大人が急にどもる理由は、過度なストレスと自律神経の乱れが大きく関係しているとされています。

上記で記載した通り、吃音やどもりといった症状が現れるのは、子供の頃が多く、成長するにつれて自然と回復することが多いと言えます。

ただ、中には子供の頃は特にどもることはなかったのに、大人になってから急にどもるようになったという方もいます。

では、大人が急にどもる主な原因である過度なストレス、そして自律神経の乱れについて、それぞれ見ていきましょう。

過度なストレス

大人になると、仕事や人間関係なども複雑になってきますので、どうしてもストレスが溜まりやすくなりますよね。

社会人になると、やりたくない仕事、苦手な仕事もしなければなりませんし、上司や部下と上手く人間関係が作れないこともあります。

過度なストレスが溜まってしまうと、精神的にも不安定になり、突然どもりを発症してしまう場合があるのです。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れも大人が急にどもる原因の一つになります。自律神経が乱れる原因は様々ありますが、上記で記載したストレスも自律神経が乱れる大きな原因です。

また、食生活や運動不足、睡眠といった生活習慣の乱れも自律神経に影響します。普段はそれほど意識していなくても、少しづつ日々のストレスや疲れが積み重なると自律神経が乱れてどもりの原因になってしまうのです。

突然どもりが発症した時におすすめの対処法は?

今までは特に何ともなかったのに突然どもりが発症してしまった場合、基本的にはストレスを解消すること、ゆっくりと休養をとって自律神経を正常に戻すことが重要になります。

また、普段からストレスを溜め込みすぎないようにすること、生活習慣を改善して疲れを感じたら無理せずに休むことも大切です。

ただ、そうはいっても、仕事などで忙しいとどうしてもストレスは溜まりやすくなりますし、生活習慣を改善することも時間的に難しい場合がありますよね。

そこで、急にどもりが発症した際におすすめしたいのが吃音どもり改善プログラムです。

吃音どもり改善プログラムは、自宅で簡単に出来る改善プログラムとなります。忙しい社会人の方でも取り入れやすいプログラムとなっていますので、ぜひ試してみて下さい。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

このページの先頭へ