どもりは就職に不利?吃音症が働きやすい職場・働きにくい職場は?

吃音症、いわゆるどもりの症状があると、日常生活において様々な場面で悩んだり、辛い思いをすることもありますよね。

中でも、深刻なのが就職活動ではないでしょうか。就職活動をするにあたって、どもりや吃音症のためにとても苦労したという方は多いでしょう。

そこで、そもそもどもりは就職に不利なのか、また吃音症の人が働きやすい職場、逆に働きにくい職場はどこなのかについてまとめました。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

どもりは就職に不利?

どもりは就職に不利かどうかで言うと、残念ながらかなり不利になると言えます。

もちろん、どもりの症状があるからといって、絶対に就職出来ないということはありませんが、どもりの症状がない方に比べると不利と言わざるを得ないでしょう。

どもりの症状があるとなぜ就職に不利かというと、就職の際の面接です。

就職の際には、職種によって様々な形態がありますが、一般的には筆記と面接が必要になる場合が多いでしょう。

そして、最近の企業では面接によってコミュニケーション能力の程度を見るケースが多いのですが、どもりの症状があるとどうしてもスムーズな受け答えが出来ない場合がありますよね。

企業によっては、吃音症の理解がある面接官もいますが、そうではない場合は、単に話下手、コミュニケーション能力が低いと判断されてしまいます。

そのため、どもりは就職、特に面接においてかなり不利になる場合があるのです。

吃音症の人が働きやすい職場・働きにくい職場は?

吃音症の方は、どうしてもスムーズに会話をすることが難しい場合がありますので、職種や職場によって働きにくい場合もあります。

ただ、一方で吃音症の方でも比較的働きやすい職場もありますので、吃音症の方が働きやすい職場、働きにくい職場についてそれぞれ見ていきましょう。

吃音症の人が働きやすい職場

吃音症の人が働きやすい職場としては、大前提として会話をする必要がほとんど無い職場です。

話す必要がなければ、そもそも吃音症ということが周囲に分かることもありませんし、業務に支障をきたすということもありません。

例としては、研究者や職人、プログラマーや経理事務のような職業が吃音症の方が働きやすい職場と言えるでしょう。

吃音症の人が働きにくい職場

吃音症の人が働きにくい職場としては、上記とは逆に会話が必須となる職場、会話のスキルやコミュニケーション能力が求められる職場です。

社内だけの会話であればまだ良いかもしれませんが、お客さんとやり取りをしたり、大勢の前で話す機会がある職場などはかなり働きににくいでしょう。

例としては、営業職やアナウンサー、コールセンターや飲食店をはじめとする接客業全般が吃音症の方が働きにくい職場と言えるでしょう。

面接をクリアするためには吃音症の改善が必要

どもりや吃音症の方でも、上記で記載した通り、ほとんど会話が必要ない職場であれば、特に問題なく働くことが出来るでしょう。

ただ、そういった職場で働くためには、やはり就職の際の面接をクリアする必要がありますよね。

また、どんな職場でも最低限の会話は必要となりますので、これから就職を考えている方は、出来るだけ早い段階で吃音症を改善しておくに越したことはありません。

そこで、どもりで悩んでいる方、就職にあたって吃音症を改善したいという方におすすめなのが、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムです。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは、これまで長年吃音症で悩んでいた方が、短期間で吃音症を改善出来たという画期的なプログラムです。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは、自宅で簡単に出来るプログラムですので、周囲の目を気にすることなく取り組むことが出来ますよ。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

このページの先頭へ